ゴルフ上達に時間が掛かる理由

アマチュアがゴルフ上達に時間がかかる理由は、スイングを良くすることこそ、上達の近道だと思っているからなんです

ゴルフとはスコアを競うスポーツなんです。

そのためには、スコアをまとめる考えが重要です。
どうしたら、ミスが減らせるかということなんです。

あなたがやっているのは、テクニックを覚えようとしているのです。

あなたの趣味は「ゴルフ」ではなく、
「ゴルフスイング習得」か「ゴルフ上達情報コレクター」か「ゴルフ雑誌鑑賞」になっているのです。

「そんなの言われなくてもわかってるよ!」

ってきっと言われると思う。

じゃあ、なぜ、わかってるのに上達できないんでしょう??


またまた、ハッキリ言います!!

大人になってからゴルフを始めているため、教えてもらうのも肩書きを重要視してしまう。
ゴルフ経験者の言うことが一番正しい、
プロがスイングから教えるから、そのとおり練習するべきと思っているからです!


でもね、一番の近道は
あなたと同じ環境で上手くなったアマチュアの情報を聞くことなんです!!


もちろんゴルフの知識に関する良い本もありますよ!
そしてゴルフの知識を教えてくれる人もいます。

ということは、
一番大事な部分に気付いているわけですよね!?

じゃあ、その一番大事な部分に気付いて、早く上達していったのか?
それが、残念ながら短期間で上達できた人はごくわずか。

何でなの??

わかっている=心がけて実践しているとは、違うからです。
また、ショットの部分については、
どんなに良い本を読んでも出来ない明確な理由があるのです!!

その理由は、私もずいぶん前からわかっていました。

でも、こればっかりはどうしようもないんですね・・・

ミスを減らす方法を知らないアマチュアが、
ゴルフスイングを磨いて、良いボールが打てるようになったところで
スコアアップにはつながりません。
スイング理論は、今のあなたには必要ないのです。

野球に例えれば、
多くの方が、ホームランバッターを目指しているから、だめなんです。
首位打者を目指さないとゴルフは上手くなりません。

飛距離を重視しているということではありません。
ホームランや、打点は、打てば打つほど増えます。
失敗が多くても、成功が多ければいいのです
ゴルフで言えば、ナイスショットです。

首位打者は、ヒットの確率を上げないとだめですよね。
アウトになる回数を減らすこと
10回打って3〜4回 ヒットを打てば、好打者といってもらえるんです。

もしあなたがホームランが打てても
打率が3割を切るようでは、ゴルフでは通用しません。
ましてやゴルフは、
10回打って、10回ヒットが打てるようにならないといけないのです。
ヒットには、豪快な外野オーバー、もあれば、内野を越えるだけのヒット、
もっと言えば、バントヒットもあります。

とにかく、アウトの数を減らすのです

ゴルフは、18ホール終わってナイスショットの数が多い人が勝ちではありません。
打った数の少ない人、ミスの少ない人が勝ちなんです。

こんな当たり前のことが、
ボールを打って練習しているとわからなくなってしまうのです。


    1ヶ月300球でもベストスコアが出てしまう!超速ゴルフ上達法!!
posted by ゴルフスイング上達法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。