この上達法に気づくまでは、簡単な道のりではありませんでした。

以前の私は、ゴルフが大好きで
雑誌はよく買い、ゴルフ中継も良く見ていました。
それなりに練習して
11年かかってスコアは何とか、100前後には、なれました。


上手くなりたかったので、

●評判の上達本を買ってみたり
●ボールを打つ数を増やしてみたり
●評判の良いクラブに変えてみたり(お金がないからヤフオクでの中古ですが)

可能な限り、お金も時間も使いました


でも
スコアが止まってしまったのです。一向に、ベストスコアが出ないんです。

練習場では、ある程度良くなりましたが、スコアは、変化なし。

振り返ったら11年で、300万円。300万円も使っていました。

300万円使っても、80台を出すことですら
夢になってるんですから。

もし嫁や彼女がダイエットで、100万円使うといったら
「アホちゃうか?ムダ、ムダ!もったいない!」と思いませんか?



「これが限界?」

「俺のセンス、運動神経じゃココまで?」

「やっぱり、お金と時間がないと上達できないの?」



と、本気でゴルフ上達をあきらめかけました。

その時、この記事を見つけたのです。




ゴルフの歴史500年において、
レッスン書がゴルファーを上達させた事例は1つもないというデータがある。
また、
この数十年の間、プレーヤーの平均スコアに変化がないというデータもある。

これは、理論とテクニックをごっちゃにして理解しているからです。

そもそも理論とは、いかにゴルフをシンプルにするかというものであり、
逆に、テクニックとは難しいもので、練習を重ねるプロや上級者に取っては習得可能なものであるが、ゴルフをシンプルにするかといえば、反対である。

つまり理論とは「こうすればもっとゴルフがやさしく、シンプルになりますよ」というものであり、それに対してテクニックとは「こうするのは非常に複雑で難しいですが、練習してできるようになってしまえば、武器になりますよ」という相反するものである。

もしプレーヤーが上達のために、テクニックを選ぶのであれば
50年後も、プレーヤーの平均スコアは今と変わっていないだろう。


    1ヶ月300球でもベストスコアが出てしまう!超速ゴルフ上達法!!
posted by ゴルフスイング上達法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。