90前後がどんどん出る程度では満足できませんか?

私があなたにお話したいのは

・あなたに、無駄な苦労をせず、早くゴルフの楽しみを知って頂きたい
・あなたに、短期間で上達してもらいたい
・あなたに、シングルプレイヤーになってもらいたい
・あなたに、これ以上、無駄なお金を使わないようにしてもらいたい
・あなたに、これ以上、無駄な時間を使わないようにしてもらいたい

それだけです。

ずばり言いますが、
90前後で回る程度なら、老若男女、年齢、センス、経験、
飛ばない、スライスが直らない等々、関係なく簡単に出せます。
ゴルフの90前後なら、ボーリングで言えば120ぐらいでしょう。

上達に、重要なのは

「出来る」「出来ない」ではなく、「やる」か「やらない」か、なのです


    1ヶ月300球でもベストスコアが出てしまう!超速ゴルフ上達法!!
posted by ゴルフスイング上達法

この上達法に気づくまでは、簡単な道のりではありませんでした。

以前の私は、ゴルフが大好きで
雑誌はよく買い、ゴルフ中継も良く見ていました。
それなりに練習して
11年かかってスコアは何とか、100前後には、なれました。


上手くなりたかったので、

●評判の上達本を買ってみたり
●ボールを打つ数を増やしてみたり
●評判の良いクラブに変えてみたり(お金がないからヤフオクでの中古ですが)

可能な限り、お金も時間も使いました


でも
スコアが止まってしまったのです。一向に、ベストスコアが出ないんです。

練習場では、ある程度良くなりましたが、スコアは、変化なし。

振り返ったら11年で、300万円。300万円も使っていました。

300万円使っても、80台を出すことですら
夢になってるんですから。

もし嫁や彼女がダイエットで、100万円使うといったら
「アホちゃうか?ムダ、ムダ!もったいない!」と思いませんか?



「これが限界?」

「俺のセンス、運動神経じゃココまで?」

「やっぱり、お金と時間がないと上達できないの?」



と、本気でゴルフ上達をあきらめかけました。

その時、この記事を見つけたのです。




ゴルフの歴史500年において、
レッスン書がゴルファーを上達させた事例は1つもないというデータがある。
また、
この数十年の間、プレーヤーの平均スコアに変化がないというデータもある。

これは、理論とテクニックをごっちゃにして理解しているからです。

そもそも理論とは、いかにゴルフをシンプルにするかというものであり、
逆に、テクニックとは難しいもので、練習を重ねるプロや上級者に取っては習得可能なものであるが、ゴルフをシンプルにするかといえば、反対である。

つまり理論とは「こうすればもっとゴルフがやさしく、シンプルになりますよ」というものであり、それに対してテクニックとは「こうするのは非常に複雑で難しいですが、練習してできるようになってしまえば、武器になりますよ」という相反するものである。

もしプレーヤーが上達のために、テクニックを選ぶのであれば
50年後も、プレーヤーの平均スコアは今と変わっていないだろう。


    1ヶ月300球でもベストスコアが出てしまう!超速ゴルフ上達法!!
posted by ゴルフスイング上達法

この記事で私のゴルフは、変わりました

この記事以外にも

ゴルフクラブは、10年前と比べても、かなり進化しています。

曲がりにくくなり、飛ぶようになった。ショットは簡単になっているんです

それなのにスコアに変化がないなんて。。。

でもこの記事がきっかけで、

何故、上手くなるのに時間がかかるか?が、見つかったのです。


なぜ、上手くなるのに時間がかかるのでしょう?

あなた: 「スイングが身についていないから」   私: 「違います」
あなた: 「飛距離が出ないから」           私: 「違います」
あなた: 「スライスが直らないから」         私: 「違います」
あなた: 「センスがないから」             私: 「違います」
あなた: 「ゴルフを始めるのが遅かったから」   私: 「違います」

私:    「それは。。。。。」


    1ヶ月300球でもベストスコアが出てしまう!超速ゴルフ上達法!!
posted by ゴルフスイング上達法

ゴルフ上達に時間が掛かる理由

アマチュアがゴルフ上達に時間がかかる理由は、スイングを良くすることこそ、上達の近道だと思っているからなんです

ゴルフとはスコアを競うスポーツなんです。

そのためには、スコアをまとめる考えが重要です。
どうしたら、ミスが減らせるかということなんです。

あなたがやっているのは、テクニックを覚えようとしているのです。

あなたの趣味は「ゴルフ」ではなく、
「ゴルフスイング習得」か「ゴルフ上達情報コレクター」か「ゴルフ雑誌鑑賞」になっているのです。

「そんなの言われなくてもわかってるよ!」

ってきっと言われると思う。

じゃあ、なぜ、わかってるのに上達できないんでしょう??


またまた、ハッキリ言います!!

大人になってからゴルフを始めているため、教えてもらうのも肩書きを重要視してしまう。
ゴルフ経験者の言うことが一番正しい、
プロがスイングから教えるから、そのとおり練習するべきと思っているからです!


でもね、一番の近道は
あなたと同じ環境で上手くなったアマチュアの情報を聞くことなんです!!


もちろんゴルフの知識に関する良い本もありますよ!
そしてゴルフの知識を教えてくれる人もいます。

ということは、
一番大事な部分に気付いているわけですよね!?

じゃあ、その一番大事な部分に気付いて、早く上達していったのか?
それが、残念ながら短期間で上達できた人はごくわずか。

何でなの??

わかっている=心がけて実践しているとは、違うからです。
また、ショットの部分については、
どんなに良い本を読んでも出来ない明確な理由があるのです!!

その理由は、私もずいぶん前からわかっていました。

でも、こればっかりはどうしようもないんですね・・・

ミスを減らす方法を知らないアマチュアが、
ゴルフスイングを磨いて、良いボールが打てるようになったところで
スコアアップにはつながりません。
スイング理論は、今のあなたには必要ないのです。

野球に例えれば、
多くの方が、ホームランバッターを目指しているから、だめなんです。
首位打者を目指さないとゴルフは上手くなりません。

飛距離を重視しているということではありません。
ホームランや、打点は、打てば打つほど増えます。
失敗が多くても、成功が多ければいいのです
ゴルフで言えば、ナイスショットです。

首位打者は、ヒットの確率を上げないとだめですよね。
アウトになる回数を減らすこと
10回打って3〜4回 ヒットを打てば、好打者といってもらえるんです。

もしあなたがホームランが打てても
打率が3割を切るようでは、ゴルフでは通用しません。
ましてやゴルフは、
10回打って、10回ヒットが打てるようにならないといけないのです。
ヒットには、豪快な外野オーバー、もあれば、内野を越えるだけのヒット、
もっと言えば、バントヒットもあります。

とにかく、アウトの数を減らすのです

ゴルフは、18ホール終わってナイスショットの数が多い人が勝ちではありません。
打った数の少ない人、ミスの少ない人が勝ちなんです。

こんな当たり前のことが、
ボールを打って練習しているとわからなくなってしまうのです。


    1ヶ月300球でもベストスコアが出てしまう!超速ゴルフ上達法!!
posted by ゴルフスイング上達法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。